体脂肪率は年代や性別によって異なる



脂肪が増えると、身体にさまざまな悪い影響が出てきますが、そのためにダイエットをするという人はたくさんいますが、最初から焦りすぎてはいけません。 増えすぎた脂肪を減らすことは良いことなのですが、過剰に無理が出る勢いで減らしていくとよいのです。 それはそれで身体に悪影響が出る可能性があります。 そして脂肪には適正値があり、男性なら30歳未満で17〜24%、これは30歳以上で20〜27%です。 女性の場合は、およそ30歳未満で14〜20%、30歳以上で17〜23%となっています。 絶対にこの範囲に収めなければ行けないというわけではありませんが、しかし、そうであることが好ましい理想的な割合の数字なのです。 これは結果的にこの範囲内にしっかりと収めることを最初の目標にしていけば良いでしょう。 ここでは随時コンディション維持でき、さらに将来的な健康に良いと考えてください。
TOP


適正脂肪率をより低いと筋肉が低下する



しかし脂肪を減らそうと極端に頑張り過ぎた結果、適正脂肪率を下回るようなことになると、さまざまな異変として症状が出て来ます。 体温の低下、筋力の低下、さらには女性のホルモンバランス崩壊といったことから、つまり、これは生理不順などが起きてしまうことがあるのです。 この他にも内臓の保護やエネルギーの備蓄に使われる脂肪が少なくなることは、やはり相応のリスクを抱えることになります。 このように脂肪のことを嫌う人はたくさんいますが、脂肪が一定水準なければ健康を維持できないことも確かです。 ここで無理に落とせば痩せることはできますが、その結果いらぬ問題を抱え込んでしまうかもしれないのです。 そして、データを踏まえるとまた急激に数字を落とすこともあります。 それが結果的にはやはりこれが身体にとって大きな負担となることがあるので、ネットだけでなくこちらも常にチェックをして気をつけてください。
メタボ
ダイエット